バナー

ロングセラーの中古車バイク「ヤマハ SR400」

400ccのエンジンを搭載したヤマハのSR400は、1978年から発売されています。
このバイクは発売当初からほぼ同じデザインを維持しており、単気筒のシンプルなデザインと無駄のない細身のボディが魅力です。


比較的軽量なので、バイクのボディを傾けても足で支えることができ、運転している時も軽々とハンドルを操作することができます。
環境規制に対応できず生産が停止されていた時期もありましたが、2009年以降から自動車排出ガス規制に対応したモデルの生産が再開されています。中古車市場でもニーズがあり、学生などの若い世代からも人気があります。

年式が2007年以前のモデルの場合、中古車価格は20万円前後で、2008年以降のモデルの中古車価格は30万円前後です。

現在生産されているモデルも、これまでのレトロなデザインを継承しつつ、現代的な雰囲気を醸し出しています。マフラーはクロームメッキが施されており、エンジン部分から後方へスッと伸びた姿が綺麗です。
エキゾーストパイプにはオリジナルの技術が使用されています。

表面がナノ膜で覆われているため、時間が経過しても変色することがなく、錆びることもありません。

イモビライザーが標準で搭載されており、盗難対策も万全です。メーターは表面にクロームメッキ処理が施されており、文字が黒色の背景に浮き上がるように表示されます。

ロケットニュース24関しての情報探しを行うならネットが便利です。

スチールフェンダーは光沢があり、美しい造形を実現しています。

中古のバイクの情報はココで集まります。

バイクの左側のハンドルにはデコンプレバーが付いており、簡単にエンジンを始動することができます。長距離の走行による運転者の疲労を軽減するために、低荷重のクラッチが採用されています。