トラブルが起こりがちな遺産相続は、弁護士に相談を

main-img

遺産相続と言うと、何かとトラブルに発展しがちです。

厳選した遺留分減殺請求調停 の情報を掲載しています。

どなたかが亡くなられた後、その遺産相続で、「きょうだいで争いが起こった」や「紛争になって、解決まで時間がかかった」などということを、見聞きしたことは、誰しもおありのことと思います。
「そうは言っても、遺産相続で争うなんて、遺産が何十億もある家族だけの話でしょう?」と、思っていませんか?実は、そうでもないのです。
平成16年に内閣府が行った全国調査の結果では、この20年で、相続に関する相談件数及び遺産分割事件数は、死亡者数の増加率を上回る水準で増加していることがわかりました。
また、低価額階級における紛争の割合が増加していて、紛争となっている事案の約4分の3が、遺産額は5、000万円以下という結果がました。これは、財産が多い家族よりもむしろ一般家庭で相続がスムーズに行かず、紛争になるケースが多いということです。



例えば、故人の遺産が、預貯金はほとんどなく、住んでいる家のみ(不動産)という場合など、残された家を売って分けるのか、それとも遺族の誰かが住み続けて他の相続人には金銭に換算した額を分けるのかなど、その財産の分け方にいくつかの方法があるため、相続人間で意見がまとまりにくくなりがちです。

更に、「生前贈与があった」や「個人の介護で金銭を負担した」など、相続人同士で条件が異なる場合が多く、また、「財産は愛人に全て残す」や「財産は寄付する」などの遺言がある場合など、遺産相続がスムーズにいかないケースは、たくさん見られます。
このように、相続問題は誰にでも起こりうる問題です。


自分の家族は関係がないと思わずに、生前に節税対策がてら弁護士に相談しておくと安心です。

ビジネスジャーナル情報を参考にしましょう。

相続問題を専門とする弁護士や弁護士事務所がありますので、トラブルが酷くなる前に、気軽に弁護士に相談に行くようにしましょう。

法律のテクニック

subpage1

ある人が亡くなった場合でその人が遺産に関して遺言書を遺していない場合には、相続人全員が集まって遺産分割協議を開くことになります。この場合には原則として相続人全員が集まらなければならず一人でも欠けている場合には無効となってしまいますが、相続放棄をした相続人は遺産分割協議に参加する必要はないのでその点は注意する必要があります。...

more

詳しく知りたいなら

subpage2

普段の生活でご縁のない弁護士さんにお願いをすることになるとは思ってもみませんでした。長寿の母方の祖父が亡くなって、老齢の母の依頼で、祖父の相続関係を受け持つことになったのですが、母の兄もすでに亡くなっていて、母の兄の一人娘が外国居住で、外国人と結婚して、子供をもうけていたからです。...

more

最新情報

subpage3

遺産相続について悩んでいることがあれば、弁護士を頼るべきです。専門家のきちんとした見解を知ることで、問題がこじれることを防ぐことが可能です。...

more

驚く情報

subpage4

遺産相続では弁護士に依頼していると話が早く進み、有利に事を運ぶ事ができます。特に、遺産分割調停または審判といった遺産相続の中でも重要な手続きにおいては、弁護士は重要な役割を担う事になります。...

more